BLOGブログ

ブログ

2017年10月16日

iOS 11 にアップデートしたときの広告への影響【居候日記NO.12】

おっす!おらkousakusanだ!

ついに、おいらもクリ〇ン殺られて、スーパーサ〇ヤ人になって神アップデートしたけど、今回はおらのスマホもiOS11になって沢山変わったぞ。

カメラの保存サイズがめっちゃ軽くなった。

Siriが頭よくなった

フリックがさらに便利に

お休みモード くくく、4時に送っても無駄になる

マップに地下鉄とか追加

でも、おらのスマホは7プラスなのに固まっちゃって、受け付けなくなるw

なぜだ!カカロ〇トって叫び声が聞こえそうです。

 

でも、問題はそこでは無いんですね。

ついでにSafari 11になったのが問題。

こいつに搭載されているITP(Intelligent Tracking Prevention)』というトラッキング防止機能が追加され、

サードパーティのCookieをもとにした広告配信や成果計測に影響が出たそうです。

阻止されてしまうと、複数のWEBサイトをまたいで追っかける広告に対し、Cookieの有効期限を極端に短くする処理をしてきます。

これで、広告は???と忘れてしまって追いかけれなくなる。時間は24時間!ジャックだけが追いかけられるのだ。

じゃあ、ITPも忘れちまうんではって考えるけど、奴らは30日間もそれを覚えているらしい。

広告だけ駆除するわけだ。

 

9月からリリースだから、広まっているかもしれません。

MACユーザーやiPhoneユーザーはこれの影響下にあると言う事で、日本はiPhone大好きだからやべー事になる。

 

ディスクトップのsafariは 5% ま、大したことは無い。

スマホは・・・ 66.16% ・・・・だと

参照元:Syncer

 

って事で、対策をしましょう。

Googleは対策をしてきました。

AnalyticsのCookie上にAdwordsの広告クリック情報が保存されているので、そいつを使ってCVトラッキングしちまおうって寸法だ

ちゃんと連携設定して、自動タグ設定をONにしていれば24時間以降のCVも覚えていられるわけさ。

これがされていないと、モデル化されたコンバージョンを使うので、予想値になり結構ブレチャウヨ!

 

GTMなら簡単なんで頑張ってやってみてくれ。(「コンバージョン リンカー」タグを追加するだけで対応が完了します。)

Criteo(EBS)で知った内容だけど、Yahooはどうなのかな?あとで聞いてみるかなw

 

 

 

 

 

2017年10月16日

2017年09月20日

Gmail 広告についての件【居候日記NO.10】

今回は、AdwordsGmail広告に対してちょっと興味が出てきたので考えてみた。

で、まずは、社内でどれだけGmailを使っているか聞いてみたところ、結構使っている。

理由は簡単で、まず、アンドロイドスマホを使っている人が多い。

YouTubeが見たい。

クロームを使っている。

Iphone でも、PCでGmailを使っている場合、Gmailにデバイス全てを統一している可能性がある。

 

「あたし、Gmail持ってないかもしれへん」

「でも、アンドロイドやろ」

「せやで、それがなんなん?」

「最初にGoogleアカウント登録するやろ」

「・・・・そんなん覚えてないわ!」

「でも、よく考えたらYouTube見るのに必要かと思って作った気がするわ」

「あるやんけ!スマホもそれやろ」

「あたりまえやん!あほやな!!」

「どっちがねん」

 

こんな方でも、Gmailは使っているかもしれない

こんなに全世界で使われているGmailを考える。そもそも有効なのか・・・

だが、今回はmailそのものの話ではない。Gmail広告の活用はアリか?と言う事だ

Gmail広告は受信トレイの上部に表示される広告で、こいつをクリクすると全画面広告が表示される。

この時点で課金される広告よって、この全画面の部分が非常に大切。

まず、そもそもこんなところに表示されてクリックされんだろと考えていたのだが、やってみると50%のCTR!

こりゃびっくり!で、@9のCPCと来るので、なかなかのバラマキ商材だ。どうやら自分に来たメールと勘違いするのか?

自分の関心のある内容の広告だからなのか、全画面表示までの効率は中々良い。

※上のadobeの

これはそもそも、受信しているメール内容に合わせて広告を表示させているので、当然な結果?なのかもしれない。

さらに、動画再生、フォームに記入、LPへの誘導が出来る。

メール対応

広告を展開したユーザーは、星形のアイコンをクリックするか、メッセージの下にある [受信トレイに保存] ボタンをクリックすることで広告を保存できます。また、展開後の広告をメールで転送することもできます。

モバイル対応

AdWords では、パソコン、モバイル端末、Gmail アプリなどのさまざまな環境で、広告を見栄えよく表示できるよう調整されるほか、モバイル環境でもレイアウトが自動的に最適化されます。モバイル専用の Click-to-Call 広告やアプリ訴求広告を使ってたアプローチも可能です。

って、Googleも言ってる。

こんなに便利なGmail広告だが、いいことばっかりではない。

全画面表示では広告を見ただけなのでCVにはつながらない。ここからLPへ飛んで、さらにフォームに飛ぶ必要がある。

このLPに行ったクリック数をコストで割ると、9円が200円のCPCになっちゃう。

で、だ、こんだけ利用者がいて、cpcをこれだけ安く運営できるならもっと効率よく運営出来ないものかと考える。

  • シングル イメージ広告: 本文領域を単一画像で埋め尽くすエキスパンド広告です(例のアドビのはこれね)
  • シングル商品プロモーション: 画像または動画で 1 つの商品やサービスを宣伝します
  • マルチ商品プロモーション: テキスト付きの複数の画像で複数の商品やサービスを宣伝します。宣伝対象ごとに行動を促すフレーズのボタンを用意します
  • カタログ クリエイティブ: マルチ商品プロモーションよりも具体的なテキストを掲載します。雑誌を読んでいるような感覚を生み出し、行動を促すフレーズのボタンも複数配置します
  • カスタム HTML を使用すると、Gmail 広告を極めて柔軟に作成できるようになります。上級レベルの広告主様に適しており、Gmail 広告の既存のテンプレートとは異なる広告を作成することが可能です。こうした広告には、埋め込みフォームや動画、電話番号、複数の行動を促すフレーズを追加できます。レイアウトを独自にカスタマイズした Gmail 広告を作成するには、カスタム HTML ファイルを AdWords にアップロードします。

このように、たくさんのテンプレートを持っているGmail 広告だが、ほとんどが広告表示で終わってしまう。

LPに直接行ける他のGDNの方が効率よく感じてしまう。

そこで、このテンプレートのカスタムHTMLを使って、LP化してしまおうと思ったのです。

  • メールに含まれるキーワードにリンクしたLPを作成し、ユーザーに合ったLPを表示する事が可能
  • かなり自由度の高いコンテンツ構成が可能
  • SEOは関係ないので、画像をメインにしても問題ない
  • 入力フォームを直接持てるのでLPに推移させなくても自己完結させることが出来る。
  • 専門LPへの入り口として、リンクボタンをちりばめる事が可能

だいぶ前に使ったGmail 広告だが、もう一度日の光を当ててみようと思う今日この頃でしたw

2017年09月20日

2017年09月11日

コンバージョンとか自動タグ設定とかの件【居候日記NO.9】

こにゃにゃちわ!
おっす、おらkousakusanだぞ!

今日、Adwords開いたら、こんなの出てた。

これは、重要な・・・・・

増えるんか?今まで取れていなかった部分が増えるんか?

よく読んでみると

「ウェブサイト コンバージョンのトラッキングの仕組み

ユーザーが広告をクリックすると、そのクリックに関する情報を含む Cookie が Google ドメインに保存されます。ウェブサイトでコンバージョンが達成されると、ウェブサイトに挿入されているコンバージョン トラッキング タグがこの Cookie を読み取り、コンバージョン情報を追加して AdWords に送り返します。」

ふむふふ

「1 つ目の変更点として、アカウントで自動タグ設定が有効になっており、ウェブサイトに Google アナリティクス タグが挿入されていれば、そのサイトのドメインにある新しい Google アナリティクスの Cookie に広告クリックの GCLID(Google Click Identifier)が保存されるようになりました。これにより、AdWords と Google アナリティクスのアカウントがリンクされていれば、AdWords コンバージョン トラッキング タグが Google アナリティクスの Cookie を読み取り、保存されている GCLID を使用できるようになります。」

自動タグは、クエリをつけていないアカウントに対して、正確にアナリティクスで計測できるように常にONに設定しているのだが、それを使ってAdWordsと連携させるって事か?

 

「2 つ目の変更点として、これまで測定できなかったコンバージョンの推定データを含めるため、レポートの [コンバージョン] 列にモデル化されたコンバージョンが含められることになりました。モデル化されたコンバージョンは、広告をクリックしてからウェブサイトでコンバージョンを達成するユーザーの数に関する、現在および過去のデータに基づいて生成されます。モデル化されたコンバージョンが追加されるのは、Google 検索広告とショッピング広告の同一デバイスによるクリックスルー コンバージョンのみです。ディスプレイ、動画、検索向け AdSense、およびディスプレイのビュースルー コンバージョンやクロスデバイス コンバージョンでは利用できません。」

ん?

モデル化されたコンバージョンが追加されるのは、Google 検索広告とショッピング広告の同一デバイスによるクリックスルー コンバージョンのみです。ディスプレイ、動画、検索向け AdSense、およびディスプレイのビュースルー コンバージョンやクロスデバイス コンバージョンでは利用できません。

 

だ・・・と!

通常のコンバージョンでなく、アトリビュージョン的な奴なのか?

出たばっかりの奴なので、今後の動きを見て行こう。

今後も、このような見えなかったコンバージョンが見えるようになれば

何かの施策のきっかけになるかも知れない事を夢に見つつ

運営していこうかなww

 

 

2017年09月11日

2017年09月06日

動的検索広告(DSA)の運用 Vol.4【居候日記NO.8】

動的検索にはまってるkousakusanです。

 

 

「イナバウワー、電話やで」

「おがーすさん、おおきに」

「もしもし、もしもし・・・」

「あ、え、はい、私がイナバウワーです」

(って、「私が変なおじさん」みたいな言い方やんw)

「おがーす!電話中にわらわさんといてや、ほんまむかつく!!」

みたいなやり取りを何回も見ていると・・・

でも、こんな電話がかかってくるのも広告が、ホームページが、ユーザーにマッチしているからなんですね。

どんなに頑張っても、ユーザーに受けるかはわからない。でも、せめて検索でこのLPにマッチしている

このLPを探していたのよって言うユーザーに対してただけ表示させたい

そんな願いをかなえてくれるんで、つい使っちゃいたくなるのです。

 

「名指しでかかってくるなんて、さいこうやんか!」

「でも、イナバウワーってだれ?いてはる?って掛かってくるんで何かと思うてビクってするやん!」

「でも、私がイナバウワーですって言うと、なごむんやろ?志村さん」

「誰が変なおじさんやねん!!むかつくわ」

 

どんどん、使っていこう、DSA

 

2017年09月06日

2017年08月09日

動的検索広告(DSA)の運用 Vol.3【居候日記NO.7】

動的検索広告(DSA)の運用について Vol.3


おっす!おらkousakusanだぞ!
BTWに新人が入って、暇になった。

いいね。暇

で、時間が出来たんで、DSAをいじってみた。

そしたら、なんと・・・・・

適切な検索クエリがLPごとに解ってしまう。(機能的に当たり前なんだが)

キーワードに対しての検索クエリは強制的に「見ろや、このLP!どや!このLP!読めや!」だったのが、「その検索でしたら、このLPが詳しっス!それ書いてあるから読んでほしっス!」と、なる。

何が言いたいかと言うと、LPが基本になるのだ。

SEOは検索された時に上位表示させる最適化施策だが、動的検索広告も検索された時に最適なLPを表示させる部分では共通点が多いのではないだろうか。

では、適切に表示されるに必要な事は何だろう。

まず、インデックスに登録されている必要がある。

インデックスとは目次、Google検索を行ったときに検索キーワードが含まれているページの事です。インデックス登録されていないページは相手にされません。

「おがーすさん、うちホームページ作ってん」

「ほほ、どれ。」

「いなばうわーの営業日記でけんさくしてみ」

「いなばうわーって、どれどれ」

「このページ全然でないやん」

「まじで、なんでやねん」

「おがーすさん、なんででえへんの?おがーすさんのPC壊れてるんとちゃうん?」

「あほ、なにゆうてんねん」

なんて経験は、1度や2度は皆さんありますね。これは、インデックスが絡んでいます。

仮にいなばうわーさんが作ったサイトのページランクが幾ら高くても、検索されたキーワードがインデックス登録されたページの文章あるか、そのページへのリンク元ページになければでないっす。

いなばうわーさんがどんなにどや顔で作ってきても、出ないもんは出ないっちゅうことです。

Googleクローラーがページを読んでもインデックス登録されない事がある。

Google先生は文字情報しか読めないので、文章の文字情報が十分で、また、ページ毎に固有の特徴が無いと駄目です。

以下のようなページはインデックス登録されにくいっす。

メニューばかりで、その他の部分が写真や広告ばかりで文章がほとんどない奴。LPがこの作りですね。この手は広告から直で来訪させるので特にSEOで上位に上げる必要性を考えていません。

ページ毎に固有の特徴がないもの。これはコピーで沢山作ったページかな。ちょっと文章変えただけなんで、みんな同じに見えちゃう奴。

さらに、最初はインデックス登録されたものの、アクセスがなく、更新もされないページはインデックス落ちしていきます。ブログがすぐに上がって消えるのもこれだね。

外部にリンクされたページはインデックス落ちしにくいけど、それ狙いで過度なリンクを増やすとスパム行為で落とされて二度と復活しません。死刑ですw

で、ここでDSAに戻りますが、SEOと同じで検索エンジンのインデックスに左右される事からLPへの推移でも注意が必要ですね。

それは、検索結果にはホームページのタイトルと説明文が表示される。そしてDSAの広告タイトルもホームページのタイトルが表示されるという事です。

検索エンジンはインデックスしたページを検索結果に出すときに、タイトルと説明文を付けて表示します。また、タイトルがない場合はページ内の文章からタイトル・説明文を作ります。これはDSAも同じです。ユーザーは、検索結果に並んだそれらを比較し、その中から自分が最適だと思うものを選びます。

タイトルと説明文で集客力が大きく変わる

タイトルにそれらのキーワードが設定されていれば検索にヒットしやすくなり、適切な説明文なら検索結果の中から選ばれてクリックされる可能性が高まります。

ページの内容が解りやすく、効果的なキーワード入っていて、クリックしたくなるような文章で作る。決してキーワードの羅列はあかんでぇ~。

「おがーすさん、これがたりなかったんやな」

「せや、ほな、作ってみ」

「こんなんどないや?」

「いなばうわー・営業日記・成功例」

「だから、そんなんじゃあかんって説明したやろ」

「ほなおがーすさん、見本みせてえな」

「営業で成功する秘訣を日々つづる、いなばうあーの営業日記。成功例がここにあります。」

「どや!」

「なんかむかつくわ!」

単にキーワードが羅列されているタイトルは、意味が伝わりにくく、一緒に羅列されているタイトルとの差別化で負けてしまいます。

結論

動的検索広告の広告タイトルは、検索クエリ=ページタイトルとなっています。これはSEOの手法と似ていますね。
「おがーすさん、なおしても検索されへんで、どないなってんねん?」
「せやな、インデックスも登録されているのにな?なんでやろうな?」
(そもそも、いなばうあーがあかんとちゃうんかい!きずけや!ユーザーおいてきぼりやっちゅうねん!)

2017年08月09日

1 / 212