BLOGブログ

ブログ

2020年01月17日

Google、ChromeでのサードパーティCookieの2年以内に終了を発表 SEO的にはNamazにも動きが

こんにちは!BUY THE WAYのkousakusanです。1月14日に54歳になりました!おっさんから初老へ!

そして、この私の最も尊い誕生日に合わせて、ついにGoogleも動きましたね。(ヒデもナミさんも同じ日でしたが・・)

2022年までに、Coogle ChromeのサードパーティCookieを廃止すると言う記事が、ブログに発表されました。

Building a more private web: A path towards making third party cookies obsolete

In August, we announced a new initiative (known as Privacy Sandbox) to develop a set of open standards to fundamentally enhance privacy on the web. Our goal for this open source initiative is to make the web more private and secure for users, while also supporting publishers. Today, we’d like to give you an update on our plans and ask for your help in increasing the privacy of web browsing.

Chromium Blog

 

なかなか衝撃的な内容です。

「なんの話だ?!」

ですね。なにに影響するのでしょう!!

今回は、社内向けに書こうと思います。

サードパーティCookie?

Cookie

ファーストCookieとサードパーティCookieがあります。

簡単に言いますと、

ファーストCookie → ログイン情報や、閲覧情報

サードパーティCookie → 広告配信事業者(Google・Criteo)などの第三者が読むことができる情報

今回の(以前からあるSafariのITP2.xもこれ)対象は、このサードパーティCookieの排除になります。

 

サードパーティCookie無くなるとどうなる

このCookiが使えなくなると、リマーケ・リターゲティング広告が使えなくなります。

再来訪を促す広告(リマーケ・リターゲ)が使用不能のなる。

コンバージョン測定の精度が落ちる可能性も考えられる。(戻りCVや、アシストCVが分からない?)

サードパーティのTAGの発行を許さない場合、計測が出来ないですね。

計測出来ない場合、ユーザーの特定が出来なくなるので、トンチンカンな広告が出て、購買につながらないとなりますね。

影響はあるの?

今後は、ユーザーの特定が出来なくなるのでリターゲティング広告は縮小されていくでしょう。

2017年にAppleが先んじてITP1.0を発表し、SafariでCookie削除を行ってきました。現在は実質的に、広告用にクッキーが使えない状態です。

リターゲティング広告大手のクリテオの株価は発表後、前日比約16%安と急落したそうです。「グーグルの発表は全面的に支持する。個人識別のソリューションはクッキー以外にも広げている」とするコメントを発表してます。

日本のインターネット利用の70%以上はスマートフォンです。

そのスマートフォン中で、iphoneの利用率が異常に高く、ネット広告の配信ボリュームも当然iphoneが多くなります。

iphoneのデフォルトブラウザーはsafariですが、PCでGoogleに依存しているユーザーはChromeを使っている人もいると思います。

また、android携帯ならChromeがデフォなので、AppleがITP2.xでSafariのサードパーティCookieを削除しても半分はとれるだろうと言う見解で、あまり騒がれてはいなかったようです。

しかし、ChromeまでサードパーティCookieの廃止となると、なかなかインパクトは大きいですね。何せ世界の60%はChromeユーザーらしいので。

ではどうしましょう

Second, blocking cookies without another way to deliver relevant ads significantly reduces publishers’ primary means of funding, which jeopardizes the future of the vibrant web. Many publishers have been able to continue to invest in freely accessible content because they can be confident that their advertising will fund their costs. If this funding is cut, we are concerned that we will see much less accessible content for everyone. Recent studies have shown that when advertising is made less relevant by removing cookies, funding for publishers falls by 52% on average1.

Googleによると、Cookieの廃止によるパブリッシャーの主要な資金調達手段が大幅に減少し、WEB業界の将来が危険にさらされてしまうと言ってます。この施策での影響は広告費用の52%減が考えられると示しています。

この、業界衰退に対し、GoogleはCookieを廃止する代わりに、「Privacy Sandbox(プライバシー・サンドボックス)」という仕組みに置き換えていくそうです。

「Webコミュニティとの最初のアプローチ後、継続的な反復とフィードバックにより、プライバシーサンドボックスなどのプライバシー保護およびオープン標準のメカニズムにより、サードパーティのCookieが陳腐化するような健全な広告を維持できる」とかかれています。

これらを2年かけてブラウザ、パブリッシャー、開発者、広告主がこれらの新しいメカニズムを試して、さまざまな状況でうまく機能するかどうかをテストし業界団体全体の協力のもと実施していくそうです。Appleはクッキーを禁止する、グーグルは、ウェブサイト運営者が広告で稼げる枠組みを維持したいようです。(広告ビジネスが主ですから)

 

今後は

Googleは、検索エンジンやGmail、地図サービス、YouTubeなど、自社サービスのユーザーアカウントから多くのデータを集めています。

フェイスブックも同様に集めてますね。

スマホ弄ってると「いま、ここにいました?」とか良く聞かれますね。

やはり自社でデータを集めているプラットフォーマーはやはり強いです。

弊社も「保育BOX」で集めるデータを基に、クライアント様、求職者様に常に有効な情報を届けれるようにしたいですね。

我々も「なんで広告の効果が出なくなったのだろう」と言うのはまずいです。

2020年から2022年にかけて、リマーケ広告に依存しない広告展開を準備する事が大切です。

Googleの社員さんが言ってました。「クッキーを使わず、個人を特定しない形のターゲティングがこれからの主流になるでしょう。その準備を早めにしよう」と

健全なる広告表示がされることで、どう市場が変わっていくのか常に監視していきましょう。

 

最後に、Namazですが、SEOの観点から変化があったようですよ。

SEO関係者も忙しい年明けですね。

今回は、アドテクを書いてみました。

また、何かありましたら、どこかの記事でお会いしましょう!

ではでは!!

2020年01月17日

2019年05月30日

マーケティングサミットで言ってた内容で、目からうろこがあった件

こんにちは!BUY THE WAYのkousakusanです。

2019年5月17日に「Yahoo! JAPAN MARKETING SUMMIT 2019」が開催されました。

「俺行ってないよ!!」

呼ばれてないだろ、スティーブ!!

ま、そんな私も送られてきた記事を読んでみただけですがw

目からうろこ

今回の内容で、これは・・・なるほど・・・と感じた内容がありました。

■ヤフーのマーケティングサミットで考えた「1ページビューの重み」と「データで分かるという誤解」(徳力氏によるnote記事)
https://note.mu/tokuriki/n/nd05c6df07f5c

レポートより

 

この記事の中で、「店に入って来ている人」が1PVなのか、「店の前をチラ見して通過した人」が1PVなのかと書いてありました。

前者と後者では重みが違うため、同じPVでも価値が全然違う。

「これをエクセルで表すと同じに見える」確かにそうですね。

あらゆる角度から見るのですが、最終的には目的の成果が出ているのかどうなのかが肝心で、PVがあるのに売れないと嘆いている場合、このような事が当てはまるんだなと、感心しました。

今後は

WEBの計測は、あらゆる角度から数値化出来るようになり、それを頼りに評価し更新してきました。

データの本質を見極め、正しい方向で賛否を見極めないと真実を見落とし負のスパイラルにはまると実感した次第です。

今後は、色々な角度から正解を導けるよう、頭を柔軟にし取り組んでいければと思いましたw

また、何かありましたら、どこかの記事でお会いしましょう!

ではでは!!

2019年05月30日

2017年10月16日

iOS 11 にアップデートしたときの広告への影響【居候日記NO.12】

おっす!おらkousakusanだ!

ついに、おいらもクリ〇ン殺られて、スーパーサ〇ヤ人になって神アップデートしたけど、今回はおらのスマホもiOS11になって沢山変わったぞ。

カメラの保存サイズがめっちゃ軽くなった。

Siriが頭よくなった

フリックがさらに便利に

お休みモード くくく、4時に送っても無駄になる

マップに地下鉄とか追加

でも、おらのスマホは7プラスなのに固まっちゃって、受け付けなくなるw

なぜだ!カカロ〇トって叫び声が聞こえそうです。

 

でも、問題はそこでは無いんですね。

ついでにSafari 11になったのが問題。

こいつに搭載されているITP(Intelligent Tracking Prevention)』というトラッキング防止機能が追加され、

サードパーティのCookieをもとにした広告配信や成果計測に影響が出たそうです。

阻止されてしまうと、複数のWEBサイトをまたいで追っかける広告に対し、Cookieの有効期限を極端に短くする処理をしてきます。

これで、広告は???と忘れてしまって追いかけれなくなる。時間は24時間!ジャックだけが追いかけられるのだ。

じゃあ、ITPも忘れちまうんではって考えるけど、奴らは30日間もそれを覚えているらしい。

広告だけ駆除するわけだ。

 

9月からリリースだから、広まっているかもしれません。

MACユーザーやiPhoneユーザーはこれの影響下にあると言う事で、日本はiPhone大好きだからやべー事になる。

 

ディスクトップのsafariは 5% ま、大したことは無い。

スマホは・・・ 66.16% ・・・・だと

参照元:Syncer

 

って事で、対策をしましょう。

Googleは対策をしてきました。

AnalyticsのCookie上にAdwordsの広告クリック情報が保存されているので、そいつを使ってCVトラッキングしちまおうって寸法だ

ちゃんと連携設定して、自動タグ設定をONにしていれば24時間以降のCVも覚えていられるわけさ。

これがされていないと、モデル化されたコンバージョンを使うので、予想値になり結構ブレチャウヨ!

 

GTMなら簡単なんで頑張ってやってみてくれ。(「コンバージョン リンカー」タグを追加するだけで対応が完了します。)

Criteo(EBS)で知った内容だけど、Yahooはどうなのかな?あとで聞いてみるかなw

 

 

 

 

 

2017年10月16日