BLOGブログ

ブログ

2018年03月20日

WEBページで収入を増やすためにやるべき事を考えて行く その3

BUY THE WAYのkousakusanです。

前回から始まりました「WEBページで収入を増やすためにやるべき事を考えて行く」の”その3”となります。

前回は、こちらね

WEBページで収入を増やすためにやるべき事を考えて行く その1(WEBページで稼ぐ??)

WEBページで収入を増やすためにやるべき事を考えて行く その2(WEBページで稼ぐ??)

さて、前回宿題にしてたよな、スティーブ!!(同じ件でスタートだ)

「まじか~~~!今回もやってないよー」

「こっちがまじかーー!だよ!」小峠風

 

レスポンシブデザイン?リキッドデザイン?

スマホと言っても画面の大きさはまちまちで、いまいち統一感がない。

ま、それはユーザーが大きいのが良いとか小さいのが良いとかあるから、それに合わせて行かないと選んでもらえないのよね。

PC、タブレット、スマホと全ての画面に対応するためなら「レスポンシブ」か「リキッドデザイン」なのか・・・・

ちょっとその辺も考えてプラットフォームを考えて行きたいと思います。

ユーザーのデバイスに関係なく、同じ URL で同じ HTML コードを配信しますが、画面サイズに応じて表示を変えることができます。

画面の横幅でCSSを切り変えて、表示させます。

切り替え地点の事を「ブレイクポイント」と言い、pxで指定します。

 

スマートフォンの場合

414px iPhone6 Plus
375px 
iPhone6、iPhone6S
320px iPhone5Sまで
360px アンドロイド端末

 

タブレットの場合

1280px×800px Nexus10
768px×1024px
 iPad、iPad mini、Nexus9
600px×960px Nexus 7

 

PCの場合

1920px×1080px
1366px×768px
1280px×1024px

 

どうした、スティーブ?

こんなの全部やるのかだって?

あのな、スティーブ!これからドンドン増えていく解像度にいちいち合わせられないだろ?

だからレスポンシブデザインやリキッドデザインを使うんだよ。

 

 

レスポンシブの場合

 

スマートフォン320px <  600px   タブレット 960px < 1281px PC

この3つでブレイクポイントを決めてあげれば、とりあえずOKです。

後はCSS3でメディアクエリを書いて、このサイズで適正な状態に変更するわけです。

でも、中途半端な画面サイズになった時に、変な改行したりして崩れるんだよな・・・

へたっぴだからかなwww

 

つかえね・・・・だと!

 

 

リキッドデザインの場合

ブラウザーの横幅に合わせてコンテンツの表示サイズも変更されるので、多少領域が変更されても崩れません。

これなら、今までと違うサイズが出てきてもレイアウトが崩れる事はないですね。

でも、レスポンシブみたいに、スマホだと長くなるからこの画像はOFFとかできないので

無駄に長くなっちゃうんだよね。デザインも固定されちゃうのでスマホサイト!って感じで新たに作ったみたいにならないのが

レスポンシブとの違いだね。

 

「どっちもいまいちだな!!」

それを、しっかりと作るのがプロでしょうが!

 

ではそんなスティーブ君に、ワードプレスでやったらどうなるか次回までに調べてくるように。

ちなみに、ワードプレスはレスポンシブ対応なので、そのまま作ってもスマホに対応するテンプレートが

沢山あるのだ。このテンプレートを使う事で、だれでもレスポンシブな記事が書けるのだよ。

 

やっとワードプレスかよ!

って言うか、また宿題かよ!

ま、どうせやらないから良いかww」

 

「wwじゃねえよ!やれよ!!」

 

 

 

2018年03月20日

2018年02月21日

WEBページで収入を増やすためにやるべき事を考えて行く その2

BUY THE WAYのkousakusanです。

前回から始まりました「WEBページで収入を増やすためにやるべき事を考えて行く」の”その2”となります。

前回は、こちらね

WEBページで収入を増やすためにやるべき事を考えて行く その1(EWBページで稼ぐ??)

さて、前回宿題にしてたよな、スティーブ!!

「まじか~~~!やってないよー」じゃないよ!!

それをどうすれば良いか考えて行こうというのが今回の企画なので、今回はどんなページを作って行けばいいかな?

 

まずなにから手を付ければいいのか?

まずなにから手を付ければいいのか

どうやら、2015年のデータだが、1740億、2016年は2000億とアフィリエイト市場は成長しているようだ

 

でも、これって氷山の一角の話で、ページ作ったら即稼げるわけではないよね。

ま、宝くじは買わないと当たる当たらないの土俵にも乗れないのと同じで、まずはWEBページを持つことが必要と感じました。

良し、京都に行こう的な感じで、「よしページを作ろう」で行ってみよう

 

では、何を使ってページを作ろうか?

いま、流行ってるかっこいいページデザインは、HTML5のページだよね。

さらに、CSS3も外せないよな

でも、一から書いて行くのって難しい。

よくわからん。ってなります。

でも、記事を書いていくパターンのページを今回は作るつもりなので、一度作ってしまえば

後はテンプレート化してしまえば良いかな。良し、それで行こう!!

 

で、CSS3だが、こちらも同じだね。

元々サイトデザインを統一し、作業性を一元管理できる意味でこっちも一発作ってしまえばOKでしょう。

 

なんだい、スティーブ?

「スマホサイトも作るのか?」だって?

くそ、腹立つww

 

確かに日本の70%以上はスマホで見ているそうなんで、無視できない。

さらに言えば、モバイルフレンドリーとかいうのも影響してくるし・・・・

 

じゃ、どうする?

そんなの組むのか?はやりのレスポンシブにするか?

じゃ、来週までのしゅくだいな !スティーブ!

そんな顔してもだめだぜ!

 

 

 

 

2018年02月21日

2018年02月19日

WEBページで収入を増やすためにやるべき事を考えて行く その1

皆さん、WEBページ活用していますかw BUY THE WAYのkousakusanです。

どうせWEBページを運営するのなら自力で運営費を稼げるようにできないか考えて行きたいと思います。

 

WEBページにはホームページとランディングページがある

さて、WEBページのLPと呼ばれるページの必要性を考えます。
っていうか、考えろンスティーブ!!

え、「広告出すならLPを着地にするのは常識だろ」だって?スティーブ知った風な!

インターネット広告から、そのリンク先、そうランディングするページがランディングページでLPと呼ばれています。
ランぺとか言ってるおっさんも居たりします。

検索型広告やDSP広告からくるユーザーに対し、その広告内容にズバリ合った尖がったそれのみを追求した内容を
伝える必要があるため、オフィシャルページ(ホームページ)と別に作るわけです。

バレンタインデー近くなると、入り口にバレンタインコーナーを作ったりするのがリアルだと当てはまりますねたぶん。

大きな売り場の有るスーパーだと探すのも大変ですが、特設コーナーを設ける事で探す手間を省かせる事で
記憶に残し、いざ購入したいと思ったときに「あ、あそこに売っているから帰りに買っていこう」って誘導していきます。

LPも同じで、検索してくる確度の高いユーザーをオフィシャルに入れて迷わせ直帰させることを避けるために、専用ページを設け
直接そこで商品を説明し購買までもって行きます。

という事は、LPに来る人はその掲載されている商材に対し非常に確度が高い人じゃね?
って事になるのですね。

じゃ、LPが集客して稼ぐにはベストでは?

ん?なんだいスティーブ!

「そんなに買いたい奴が来るなら、その広告を載せれば買うんじゃね?」だと?

いやいや!スティーブ!
だって考えてみろ、

そもそも自社の商品を購入させる目的のページで、なんで他社の商品をうるの?

そうなんです。LPではこの発想は駄目なんですね。
では、どうすればいい?

ブログです。
そうなんです。
記事です。
お役立ち情報です。

どうしてもLPなら、他社の類似サービスを売る感じかな?
集客は出来ている。自社媒体への効果もちゃんと出ている。でもこのユーザーたちは別の観点からみると
こんなものも売れるのでは?と考える事が出来ます。

例をだすと、弊社の保育ボックスですが、保育士の求人サイトですが、見るユーザーは「保育士になりたい人」「保育士を欲しい人」
となります。この保育士になりたい人のペルソナを考え、その人に売れるものがあればそこに広告を出すことで購買につながる可能性が
出てきます。

では、やるべきことは・・・

「じゃ、具体的に何すればいいんだ?」って、おいおいスティーブ。その頭は飾りかい?

それをどうすれば良いか考えて行こうというのが今回の企画なのだよ。
今回は、「〇〇〇は△△△と比べてお得なの?」みたいなページを作り、アドテクを勉強することを目的として
結果、10万稼ぐ事を目標にして進めていきたいと思います。

さて、何をどのようにすれば良いのかな?

スティーブ!来週までの宿題だぞ!

2018年02月19日