BLOGブログ

ブログ

2020年01月17日

Google、ChromeでのサードパーティCookieの2年以内に終了を発表 SEO的にはNamazにも動きが

こんにちは!BUY THE WAYのkousakusanです。1月14日に54歳になりました!おっさんから初老へ!

そして、この私の最も尊い誕生日に合わせて、ついにGoogleも動きましたね。(ヒデもナミさんも同じ日でしたが・・)

2022年までに、Coogle ChromeのサードパーティCookieを廃止すると言う記事が、ブログに発表されました。

Building a more private web: A path towards making third party cookies obsolete

In August, we announced a new initiative (known as Privacy Sandbox) to develop a set of open standards to fundamentally enhance privacy on the web. Our goal for this open source initiative is to make the web more private and secure for users, while also supporting publishers. Today, we’d like to give you an update on our plans and ask for your help in increasing the privacy of web browsing.

Chromium Blog

 

なかなか衝撃的な内容です。

「なんの話だ?!」

ですね。なにに影響するのでしょう!!

今回は、社内向けに書こうと思います。

サードパーティCookie?

Cookie

ファーストCookieとサードパーティCookieがあります。

簡単に言いますと、

ファーストCookie → ログイン情報や、閲覧情報

サードパーティCookie → 広告配信事業者(Google・Criteo)などの第三者が読むことができる情報

今回の(以前からあるSafariのITP2.xもこれ)対象は、このサードパーティCookieの排除になります。

 

サードパーティCookie無くなるとどうなる

このCookiが使えなくなると、リマーケ・リターゲティング広告が使えなくなります。

再来訪を促す広告(リマーケ・リターゲ)が使用不能のなる。

コンバージョン測定の精度が落ちる可能性も考えられる。(戻りCVや、アシストCVが分からない?)

サードパーティのTAGの発行を許さない場合、計測が出来ないですね。

計測出来ない場合、ユーザーの特定が出来なくなるので、トンチンカンな広告が出て、購買につながらないとなりますね。

影響はあるの?

今後は、ユーザーの特定が出来なくなるのでリターゲティング広告は縮小されていくでしょう。

2017年にAppleが先んじてITP1.0を発表し、SafariでCookie削除を行ってきました。現在は実質的に、広告用にクッキーが使えない状態です。

リターゲティング広告大手のクリテオの株価は発表後、前日比約16%安と急落したそうです。「グーグルの発表は全面的に支持する。個人識別のソリューションはクッキー以外にも広げている」とするコメントを発表してます。

日本のインターネット利用の70%以上はスマートフォンです。

そのスマートフォン中で、iphoneの利用率が異常に高く、ネット広告の配信ボリュームも当然iphoneが多くなります。

iphoneのデフォルトブラウザーはsafariですが、PCでGoogleに依存しているユーザーはChromeを使っている人もいると思います。

また、android携帯ならChromeがデフォなので、AppleがITP2.xでSafariのサードパーティCookieを削除しても半分はとれるだろうと言う見解で、あまり騒がれてはいなかったようです。

しかし、ChromeまでサードパーティCookieの廃止となると、なかなかインパクトは大きいですね。何せ世界の60%はChromeユーザーらしいので。

ではどうしましょう

Second, blocking cookies without another way to deliver relevant ads significantly reduces publishers’ primary means of funding, which jeopardizes the future of the vibrant web. Many publishers have been able to continue to invest in freely accessible content because they can be confident that their advertising will fund their costs. If this funding is cut, we are concerned that we will see much less accessible content for everyone. Recent studies have shown that when advertising is made less relevant by removing cookies, funding for publishers falls by 52% on average1.

Googleによると、Cookieの廃止によるパブリッシャーの主要な資金調達手段が大幅に減少し、WEB業界の将来が危険にさらされてしまうと言ってます。この施策での影響は広告費用の52%減が考えられると示しています。

この、業界衰退に対し、GoogleはCookieを廃止する代わりに、「Privacy Sandbox(プライバシー・サンドボックス)」という仕組みに置き換えていくそうです。

「Webコミュニティとの最初のアプローチ後、継続的な反復とフィードバックにより、プライバシーサンドボックスなどのプライバシー保護およびオープン標準のメカニズムにより、サードパーティのCookieが陳腐化するような健全な広告を維持できる」とかかれています。

これらを2年かけてブラウザ、パブリッシャー、開発者、広告主がこれらの新しいメカニズムを試して、さまざまな状況でうまく機能するかどうかをテストし業界団体全体の協力のもと実施していくそうです。Appleはクッキーを禁止する、グーグルは、ウェブサイト運営者が広告で稼げる枠組みを維持したいようです。(広告ビジネスが主ですから)

 

今後は

Googleは、検索エンジンやGmail、地図サービス、YouTubeなど、自社サービスのユーザーアカウントから多くのデータを集めています。

フェイスブックも同様に集めてますね。

スマホ弄ってると「いま、ここにいました?」とか良く聞かれますね。

やはり自社でデータを集めているプラットフォーマーはやはり強いです。

弊社も「保育BOX」で集めるデータを基に、クライアント様、求職者様に常に有効な情報を届けれるようにしたいですね。

我々も「なんで広告の効果が出なくなったのだろう」と言うのはまずいです。

2020年から2022年にかけて、リマーケ広告に依存しない広告展開を準備する事が大切です。

Googleの社員さんが言ってました。「クッキーを使わず、個人を特定しない形のターゲティングがこれからの主流になるでしょう。その準備を早めにしよう」と

健全なる広告表示がされることで、どう市場が変わっていくのか常に監視していきましょう。

 

最後に、Namazですが、SEOの観点から変化があったようですよ。

SEO関係者も忙しい年明けですね。

今回は、アドテクを書いてみました。

また、何かありましたら、どこかの記事でお会いしましょう!

ではでは!!

2020年01月17日

2019年05月30日

マーケティングサミットで言ってた内容で、目からうろこがあった件

こんにちは!BUY THE WAYのkousakusanです。

2019年5月17日に「Yahoo! JAPAN MARKETING SUMMIT 2019」が開催されました。

「俺行ってないよ!!」

呼ばれてないだろ、スティーブ!!

ま、そんな私も送られてきた記事を読んでみただけですがw

目からうろこ

今回の内容で、これは・・・なるほど・・・と感じた内容がありました。

■ヤフーのマーケティングサミットで考えた「1ページビューの重み」と「データで分かるという誤解」(徳力氏によるnote記事)
https://note.mu/tokuriki/n/nd05c6df07f5c

レポートより

 

この記事の中で、「店に入って来ている人」が1PVなのか、「店の前をチラ見して通過した人」が1PVなのかと書いてありました。

前者と後者では重みが違うため、同じPVでも価値が全然違う。

「これをエクセルで表すと同じに見える」確かにそうですね。

あらゆる角度から見るのですが、最終的には目的の成果が出ているのかどうなのかが肝心で、PVがあるのに売れないと嘆いている場合、このような事が当てはまるんだなと、感心しました。

今後は

WEBの計測は、あらゆる角度から数値化出来るようになり、それを頼りに評価し更新してきました。

データの本質を見極め、正しい方向で賛否を見極めないと真実を見落とし負のスパイラルにはまると実感した次第です。

今後は、色々な角度から正解を導けるよう、頭を柔軟にし取り組んでいければと思いましたw

また、何かありましたら、どこかの記事でお会いしましょう!

ではでは!!

2019年05月30日

2019年05月08日

【GoogleAD】MUGENとそれに伴うアカウント構成

こんにちは!BUY THE WAYのkousakusanです。

ただいま、レポート抽出中にて、ちょっと暇なので備忘録をここに記載しようと思いまして。

GoogleAdのアカウント構成って、色々な考え方と、やり方があり、どれが正解ってその時によって変わるよなって正直思っています。
ネットに転がっている情報(ブログ)の内容も、そのアカウントが取り扱っている商品での成功であって、全てにはまるものでもないし
僕がこれからここに書く内容だって、1000万以上の予算での話なのでミニマム予算で同じことが出来るかって言ったら・・・?ってなるかも。

「まじかよ、俺にも使える物書けよ!!」

おまえ、運営してないだろ、スティーブ!!

でも、根っこの部分はGoogleAdのエンジンの手のひらで行う事なので問題なく使えます。

よって、根っこの部分を書いていきます。

準備(材料集め)

まず、アカウント構成で考えるのが、どのユーザーに表示してクリックしてもらうかですね。

必要なのは、検索クエリとなります。

では、そのクエリは何処からもってくる?

・すでに運営中のサイトがあるなら、サーチコンソールから見てみる。

・サイトがないなら・・・・広告の落としどころが無いのでサイト作りましょうw(ねお保育BOXなら、月額30,000円のみで求人広告掲載がついてWordpressでのサイト構築が可能

・サーチコンソールを入れてないなら・・・(ぜひ導入しましょう!アナリティクスだけでは解析しかできませんからw)

・キーワードプランナーで探る

・Googleトレンドで探る

・自分で思いつくキーワードで検索してサジェストを拾ってみる。

などかな・・・

これらの集めた検索クエリから、広告に使うキーワードを作成します。

僕の扱っているクライアントでは12万検索クエリありましたw

まとめてみる

集めた検索クエリをそのまま使ったら、重複が多く発生しフリクションがおきてしまい、機械学習が迷ってしまいます。

Googleの新しい打ち出しMUGENは、クライアント×代理店×Googleの共同制作を前面に押し出しており、その基盤となるのが機械学習による運営となっています。

いかに、この機械学習をストレスなくスムーズに動かすことが出来るかが今後の運営におけるカギとなってくるようです。(プラットフォームを握るGoogleが言っているので、そこはしたがって行きましょう)

では、機械学習を混沌の世界に引き込まないようにするために一番重要な部分は、一番最初にユーザーと接触するキーワードとなります。

検索キーワード → 広告 → ランディングページ → 入力フォーム → コンバージョン

この検索クエリから作ったキーワード群が、たくさんの広告キャンペーンに使われていると、一体どの広告が良いのか判断づかない状態となり機械学習がうまく機能せず「ダメじゃん」ってなって結論されてしまいます。

よって、キャンペーンごとに待てめる事から始めましょう。

僕は、CSVで吐き出した検索クエリをAccessで一旦DB化して仕分けしています。

・分類わけ(ランディングページベース)されたキャンペーンに対し、適切だと思われる検索クエリをキーワード群としてリスト化する。

・明らかに商品と違う検索クエリを除外キーワード群としてリスト化する。

アカウント構成をしていく

順序を考えますと以下のようになります、

・最終リンク先URLを書き出す。(ランディングページの書き出し)

・カテゴリーごとに、ランディングページを振り分ける。(出来るだけまとめる)

・作ったキャンペーンに対し、キーワードを振り分ける。

・検索クエリが重複しないように、キャンペーンごとに除外設定をしていく。

 

お、レポートが出来上がってきました。

では、大まかな所はこんな感じでOKです。

また、何かありましたら、弊社もリスティング広告の運営業務をしていますのでお気軽にお問合せ下さいませ!

ではでは!!

2019年05月08日

2019年02月02日

Googleから事例使わせてって言ってきた件 セカンド!

こんにちは!BUY THE WAYのkousakusanです。

昨日、Google広告の担当者が変わるので、あいさつに来ました。

「俺会ってねえよ!呼べよ!」

おまえ、関係ないだろ、スティーブ!!

クライアントに対しての要望とか、Googleからの提案をもっとしていきたいなど、沢山の話をしました。

その中でいくつか出た案件を紹介。

完全一致とフレーズ一致と部分一致と

完全一致<フレーズ一致<部分一致とリーチの幅はなりますので、完全一致で絞り込んでいくと狭い範囲での訴求となります。

これは、平成の世界では一般的に言われていて、その狭くした世界に予算を多く投下して確実に取りに行きましょう。

当然、狭いから競合も少なく単価もおさえれますよと・・・

でもね、部分一致で得られる膨大なリーチ量を、人間の考えられる完全一致KWで補う事が可能なら全て完全一致で良いのですが無理でしょう。

仮に、出来たとしても、そこから最適なKWを導き優先的に露出させることなど・・・・

というわけで、部分一致に任せて、あとは機械学習にと言う考えがあるわけです。

ま、KWと検索クエリとの戦いは永遠に続くわけなので、その辺はそろそろ人間の制御レベルを超えてくるのかな?とおもうわけです。

 

でもね、この方法はいきなりやって成果が出るもんじゃないですよ、しっかりと毎日管理して行かないとすぐに雑草が生えて草ぼうぼうになっちゃうからねw

だって、部分一致が入っているのだからw

 

で、結局何をGoogleに褒められた?

昨年のクリスマスに、Googleから事例として運営方法を使わせてほしいと伝達がありました。

10月にクライアントの会社全体で少し受注が落ちた時期が有ったので、それを引きずっている渦中での申し出だったので、「なにいってるの?満足してないのに、もっとちゃんとやってから言って来い」となったわけです。

今回の訪問の時に、その話になって説明したところ、実際にクライアントに実CVとしての実りは無いのでしょうがないですとなりました。

その話の中でうれしい話がありました。

「eCPAの利用で、あそこまでの実績を出せたのは中々なく、自分たちの社内学習の教材として事例を使わせてもらってます。御社の名前(BUY THE WAYは社内では有名ですよ。」との事でした。

いや、ここまでのCPAにするには結構時間がかかってますから。総合的に効率的な設計することで初めて機械学習が最適解を導くのでしょうね。

これからも媒体にも、クライアントにも誇れる運営をめざして

BUY THE WAYの運営方針は、広告代理店として予算をもらい消化すればいいと言う、自社売り上げ主義スタンスではなく、クライアントの一社員ととしてその社員目線で運営をしていきます。これによって、CPAが悪化していれば、頂いた予算を使い切れない月も出てくる。でも、それはクライアントからいただいている最終目的である売り上げ・集客数増、会社利益の確保につながる事となり、そこに信頼が生まれてくると考えています。

常に新しい媒体からのアドテクを研鑽し、クライアントに合わせた形で最先端技術を導入する事で、競合他社との競争に打ち勝ち、常に新しいユーザーにリーチすることを可能とし、クライアントの掲げる目標を達成することが可能となります。

今回の事例も、他社が足踏みしている中、地道に研鑽し構築してきた結果とも言えます。足踏みして、現状に満足していたら、その先にある目標貫徹という実証をつかみ取れません。

 

弊社社長が、常に会議で求めてきている事柄です。(実行せねば)

現在の結果がしりたいのであれば、過去の因を知らなければならない。

未来の結果が知りたいのなら、現在の因を知らなければならない。

全てにおいて、現在を見ながら過去の過ちの因を探り、修正し、未来に欲する結果を常に想像して良い方向へ進んでいく事が大切だと思います。

ポジティブシンキング!失敗は成功の基。成功だけでは、先には進まない!失敗を降伏することで一回り成長していく!

今後も、このように媒体にもクライアントにも誇れる運営をしてまいりたい。そう思う次第でございます。

 

今回は、おじさん、かっこよくまとめてみました。

また、何かありましたら、どこかの記事でお会しましょう!

ではでは!!

2019年02月02日

2018年12月25日

Googleから事例使わせてってきた件

メリークリスマス!BUY THE WAYのkousakusanです。

Googleから、ちょっと前に事例として今の運営方法を使わせてってきた。
マジか!やった!

「俺もうれしいぜ!!」

おまえ、やってないだろ、スティーブ!!

いま付き合っているクライアントでの運営方法で、良い成果が出ているのでとの事。

Googleとしては、自分たちの進める運営方法が正解でしたと広めたいらしい。

で、どんなことが良かった?

Google広告(旧Adwords)の、入札設定で、tCPAやMax Conversionとかありまして、その設定でうまく行ってるとの事でした。

マーケティングチームでは、色々な広告代理店にこうした方が良いよと勉強会を開いて、実践させようとしていますが、なかなか新しい事に手を出せない代理店が多いのです。

それは当然でして、良くなるか悪くなるか解らんのなら、今のままノラリクラリとやっている方が傷が少なく済むという発想です。

ま、これでは先が無いと言うか、新しいテクノロジーに追いつかなくなりいずれは消えてなくなりますね。

具体的に言うと

CPAを自分でコントロールすると考えた時、自分は、その市場のCPAをすべて把握しているのかがカギとなります。クライアントの目標値が10,000円だったとした場合、限りなくそれを下回るように考え設定を9000円にしてみたりしてみたり・・・

でも、それをやってしまうと、例えば本当の相場は22,000円だった場合、あまりにもかけ離れているので、Googleの機械学習としてはまともな演算処理をすることは出きず、インプレッションを出すことが出来なくなります。インプレッションが出ないということはクリックもないわけでコンバージョンも当然ないですねw

22000円の物は、22000円で運営するのが最適で、そこで機械学習が最も最適な単価で最適なユーザーに表示させるように演算していきます。当然、22000円が相場ですから、その層が一番ユーザー数が多く総当たりすればコンバージョンも増えるわけです。予算は同じでコンバージョンが増えれば当然CPAは下がるので結果、良好になっていくわけです。

でもね

全てに当てはまるわけでは無いので、トータルで見ないといけませんよね。

結局、何に対してそんな話があったかは、自慢になっちゃうからここでは書かないけど、皆さん、せっかく仕事するのだから誰かに評価されるように仕事していきましょう。僕も、もっと精進していきたいと思います。

また、何かありましたら、どこかの記事でお会いしましょう!

2018年 ではでは!!

2018年12月25日