BLOGブログ

ブログ

2018年03月23日

⑬「バカ売れDM集客術」 豊田 昭 中経出版

画像検索結果

 

 

・DMは何かのついでに同封すると。→コストゼロ

 

・関連商品や案内と同時にいれても良い。オプション商品の案内を入れてクロスセル。

ついで買いをさせる。商品に付随するニーズを読み取って提案する。

 

・DMを請求書に同封してクロスセル。&フォローにも使える。

 

・アップセル。→単価の安い契約会社のところに+〇〇円でこれもつけられます。

期間が延長できますとDMor案内を送る。

 

・お友達紹介カードを使う

特集枠無料、期間延長、更新時割引

 

・DMは、簡単にマネされない。一度いいものができれば、長く使えるスローなメディア。

 

・「○○○○の方へ」DMを見た人に、自分のことだと思って貰えるように。より具体的に。

・商品や請求書に同梱するなら、「●●をお買い上げいただいた方へ」商品名を入れる。

・お客様が購入した商品に関連して、「今お使いの●●の含有量が2倍、値段は1.3倍」というように、欲求や悩みを入れる。

・定番は、地域と職業を入れる。

 

【キャッチコピー =「お得になること】

  • わかりやすい言葉で書く

お客様の使っているコトバを意識する。

  • お客様が特になることを書く

このDMを読むとトクしそうだ! 具体的な数字が入っているもの

  • 「えっ」を引き出して次を読みたくさせる

短く、わかりやすくを意識する事。

 

・商品説明はあくまでもお客様のメリットで語る事。

アピールNG。「それが、私にどう役に立つの?」

 

・メリットを語ったら、「理由づけ」

なぜいいのか?なぜやすいのか?をナルホドと思わせる理由がいる。

理由は、3、5、7、奇数が良い!!

・イラスト

バンザイしているイラストや、イメージし易いイラストを使う事。

 

・文字を大きく!12ポイント以上!年配者向け!

 

・問い合わせ先は分かり易く大きく記載!見易さと正確さ。

 

・目線は上から下へ。上が大きく、下が小さく。

 

・請求書を郵送時に、アンケートを入れたりする。お客様の声を貰う。

 

・金額は上限金額を記載する。○○万円~×、○○万円以下の方が良い。

 

・申し込み方法は徹底して、スムーズになるように工夫する。

連絡先は統一。すべての書類に連絡先を入れる。

※申込書はあらかじめお客様の住所・氏名など基本情報は印字しておきたい。

 

・担当者、営業時間で安心感をかもし出す。

申込書の送付は、「24時間OK!」と書いておいた方が安心。

 

・会社情報は忘れずに入れよう。

社名、住所、電話番号、URLなど。プライバシーマークや安心できるマークなど。

 

・BtoBの場合は、取引実績、会社沿革も。

 

・中学生でも分かるものにしろ。何度も見直す。

 

・FAXに番号いれるか?その方が分かり易いか?管理しやすいか?

・お客様のメリットは言えているか?お客様の特典は入っているか?

・誰かが営業した後を狙う方法もある。例えばやきいも屋さん。

2018年03月23日

2018年03月23日

⑫「革命のファンファーレ 現代のお金と広告」西野 亮廣 幻冬舎

革命のファンファーレ 現代のお金と広告-電子書籍

 

※youtube講演会動画より。本は読んでません。w

あらすじ:クラウドファンディングで国内歴代最高となる総額1億円を個人で調達し、絵本『えんとつ町のプペル』を作り、30万部突破のメガヒットへと導いた天才クリエイターが語る、”現代のお金の作り方と使い方”と最強の広告戦略、そして、これからの時代の働き方。

 

・お金の集め方と広告の打ち方

 

・人は思い出(体験)にお金を出す。

お土産など。プぺルの時は原画を無料で貸し出し原画展をやりたい人に貸し出した。

その代わりに、原画展の出口で本を売った。

成功の一つの要因。超分業制。キャラクター、背景、配色など

 

・クラウドファンディングでのお金の集め方。

お金とは何か?→信用を数値化したもの

クラウドファンディングとはなにか?→信用をお金にする両替機。

 

・ホームレスの小谷

1日を50円で売る芸人。現代の錬金術師、徳を積み、信用を稼ぐ事。

すぐにお金を求めない事。

結婚式費用もクラウドファンディングで集めた。3Wで220万。夜の遊園地を貸し切った。

余ったお金はフィリピンへ寄付。

 

・認知≠人気

・信用=お金

 

・嘘をつかざるを得ない状況には身を投じない。

 

・天才をつくるにはまず環境をつくる事。先に身を投じる。

 

・シニア向け事業をいかに作るか。 老人力!!

無くなる仕事→新しい仕事も同時につくる必要性。

 

・日本で仕事を楽しんでしている人は6%。先進国で一番低い。アメリカ32%

 

・SNSで自分の顔を売れ!顔と名前が売れている人は強い。

2018年03月23日

2018年01月16日

その⑪【誰からも好かれる術」を笑福亭鶴瓶に学んだら】 著:内藤 誼人

好かれる極意は「常に明るく、陽気で、朗らか」

→ 近寄りやすくなるよう心掛ける → いつも上機嫌(に見えるように)でいること

 

人付き合いは『財産』である

→ 人付き合いが上手い人は、とにかく自分から積極的に人に関わろうとする(プールに入らなければ、泳ぎは上手くならない)

→ まずは、自分自身が“丸裸”になることから始まる。自己開示をする人間は信頼されやすい → 恥ずかしいエピソードは大事!

「成功談」より「失敗談」の方が、好感が持たれやすい

「失敗談」は聞く方も面白いし、なにしろ「失敗」は“学習の母”

 

『カラフル』になれ : カラフルとは、ジョークで人を笑わせ、惹きつけるのが上手な人。より心を開いてくれるようになる。

上手に人と話すには、「ネタ」の引き出しが多くある事。

1日1行でいいから、日々のネタ帳を作る → 絶対会話に困らなくなる

少しでいいので『毎日つける』のが継続するコツ。

相手が気のない相槌をする話は、すぐにでも切り上げる勇気が大事。

「気が弱い」「引っ込み思案」などは、誰でも持ち合わせている性質。大抵の場合、ただの

自己暗示であり、気にする必要はない。

ポジティブな自己暗示をかけると、コミュニケーションに強くなる。

例えば、田舎で知らないお婆ちゃんが声をかけてくる。でもその行動は、お婆ちゃんが勇気をふりしぼって声をかけているという事だろうか?

そうではなく、単純に声をかけることに抵抗がないだけである。

別に、声をかけられたこちら側も、嫌な気分になる人は少ないだろう。

もちろん、人にもよるという事だが、声をかけるというのはそんなにハードルの高いものではないという事。

 

“自動化”を心掛ける → 人間“裏”があると、それは“表”にも出てくる

相手がどんな人間であれ、裏表なく平等に接すると、好感をもたれやすい(相手によって態度を変えるようではダメ)

 

人の悪口を言ってはダメ。たとえ陰口だとしても、いずれ伝わるものである。

気持ちよく人と付き合うコツは、相手の「あら探し」をするのではなく、「いいところ探し」を得意とする事。

 

親しくなればなるほど、一生付き合うための“気遣い”が必要。

身近な人へ好かれるの繰り返しが、万人に好かれるコツ。初めから万人に好かれようとすると大抵失敗する。

 

 

周りへの感謝は絶対に忘れてはいけない(いずれ注いだ愛情は、自分に返ってくる)

どんなに小さな縁でも大切にする → そんな縁がいずれ自分のためになる

自分がやってもらって嬉しかった事は、他人にも進んでやる事!

→人に奢る癖はとても有用的

 

失敗を全て人のせいにする癖は直せ!失敗しても潔い人間の方が人を惹きつける。

→ 極端な話、自分の周りで起きた失敗は、全て自分のせいと考える方が良い。

 

自分を安売りしないこと

→ 納得のできない仕事を続けていると、仕事を楽しいと思えなくなる(相手に「こうしてほしい」という要望があるなら伝えるべき) → 仕事の質が下がってしまう → その逆で、自分のブランド価値を高めれば、仕事の質も上がる

もちろん、この場合、自分のブランドが高いといえるだけの理由が必要である。

ブランドを高めるためには「周囲を観察し、誰もやっていないことをやる事」

周りに合わせていれば、いずれ埋もれてしまう。

 

成功には「運の良さ」も必要。どんな成功者にも、“運が良かった話”は付き物である。

このような話は、他の人に話すネタにもなる!

2018年01月16日

2018年01月16日

その⑩【レバレッジ・マネジメント】 著 本田 直之 東洋経済新報社

・会社を成長させるための人脈の構築

 

・タイムマネジメント「レバレッジ時間術」

  • 時間家計簿の作成
  • 時間の分析
  • 天引きを意識してバジェット作成
  • 実行と振り返り

 

・俯瞰逆算思考

目的地⇔現在地 最短ルートを探す

 

・シュミレーション

「計画完了後の自分の姿を予想するのが計画」

㈱ファーストリテイリング 柳井 正 「一勝九敗」

 

・「働くな、収益をあげろ」 未来工業創業者 山田 昭男

頭を使え、仕組みを作れ。 考え、意思決定する時間が一番大切である。

 

・「最少の努力で最大の成果の出る仕組みを作って、最大の努力を要望するのがマネジメントの役割である」 「ホットペッパー」事業部長 平尾 勇司

 

・「トップたるものの知識と経験は「決断」をするためにあるのだといっても過言ではないのである」 マクドナルド創業 藤田 田

 

・マインドセット 「どうやったらできるのか?」

 

・PDCA、成果をあげたノウハウの共有、業務改善方法

→週1の会議に+

 

・20:60の法則

上の20%の向上に力を入れた方が60の向上にも繋がる

 

 

・インセンティブのあげ方にもレバレッジ

粋なサプライズ、記憶に残るもの

例えば・・・蒲原さんから貰ったウォーターマンのボールペン

 

・ミーティングの分類

  • 共通言語・共通認識を持たせて、新しいことを考えさせるもの
  • ノウハウを共有するためのもの
  • 方向性を伝えるためのもの
  • 何かを決めるためのもの

 

・「忙しい人たちはやめても問題のない仕事をいかに多くやっているかは驚くことである」

ピーター・ドラッカー

経営者であれば、社員や周りにまかせる。

2018年01月16日

2018年01月16日

その⑨【レバレッジ勉強法】著 本田 直之 大和書房

・ストック型人生VSフロー型人生

ストック型人生を送るためには、レバレッジをかけた勉強。将来、継続的なリターンを得るための最高の投資。

 

・ROIを考慮しスタート

Return on Investment 投資に対するリターン

エネルギーを100としたら、なん%を使う?

 

・レバレッジ=目的に対する近道

目的をフォーカス、より具体的に。現状の自分と目的達成後の自分のイメージを明確に。

 

・レバレッジ=DMWL(Doing More with Less)

少ない労力と時間で大きな成果を得ること

どんな自分になりたい?例えば、経営者になるために効率的に経営分析できるようにエクセルの達人になり、収支の現状をひと目で理解できるようになりた。

 

・継続的にリターンが取れるか

  • 語学や金融知識、IT。強力な投資アイテム。
  • 不動産や金融市場、ローン、税金、法律、保険の基本的な知識。知らないと損する。
  • 希少性があるか これから人気が出る分野の勉強
  • 実情を知っているか
  • 時流に合っているか

 

・金融の知識

  • 自習してベースとなる知識をインプットする。
  • アドバイザーの話を聞く・セミナーに参加する。
  • 自分のライフプランに合った投資を実践する。

 

・家計簿をつける

ローコスト・ハイリターン

  • 収入
  • 貯蓄
  • 自己投資
  • 固定費
  • その他

 

・だれもやっていない市場

インターMBA

 

・相手に欲しがられる仕組みをつくる。

売り込む営業をしていても焼畑と同じ。欲しがられる仕組みやトーキングに。

 

・アウトプットしなとインプットの価値はない

インプット・アウトプットのスパイラル手法

先にアウトプットし、相手のアウトプットを引き出す。

 

・ラクに勉強を続ける方法

  • スケジュールを決めて型にはめる。
  • ノルマ化して型にはめる ※数値管理
  • 作業興奮を利用する。

 

・スケジューリング

  • 半年単位:事業計画のようにゴールを明確にする
  • 月単位:俯瞰逆算スケジュールでタスクを配分する。
  • 週単位:毎日の生活をパターン化する。
  • 一日単位:インプットの時間を配分する。
  • 午前中に自己投資する
  • 二毛作タイムを埋めていく
  • 退社後のスパイラルタイムをつくる
  • 寝る前は暗記タイムと決めておく

※テキストとして目標とゴールを設定。俯瞰逆算

※分割した目標をカレンダーに落とし込む 予備日を設定する。

 

・貯金は天引きが一番

勉強も同じ。あらかじめ強制的に時間の確保をする。

※短い時間で集中してやる事。

 

・夜は他人から学ぶ時間

朝は自分だけの時間。朝型へ

 

・やる事を決める

固定する。スキマ時間。休憩時間を効率的に使う。

※レバレッジメモ 大事な部分を抜き出してパソコンに入力。

 

・締切の設定

具体的な目標かつ、小さな目標。第三者と約束する。

 

・レバレッジ記憶法

1冊、又は同じものを擦り切れるまで勉強する。

何冊もやらない。参考書と過去問を選りすぐって選び、どう勉強するかの計画を立てる。

 

・赤ペン

赤は目にいちばん焼きつく。記憶に残り易い。

 

・完璧を目指すな

6割でいい。すべて。そんなに重要か?いらない事は省く。

 

・丁寧にやらない

 

・レバレッジメモを三つに分類

  • 統計データになるもの
  • シェアするもの
  • 時間があまったら読むもの

※ファイリングしない。ベストはシェアする事。

 

 

 

【参考文献】

・「年収150万から2億円へ!成功する投資力の伸ばし方」(ソフトバンククリエイティブ)

・「お金の脳トレ」(ダイヤモンド社)泉 正人

・「使う力」(PHPビジネス新書)

ボストン・コンサルティング・グループ日本代表 御立 尚資

・「富裕層の財布」三浦 展 (プレジデント社)

2018年01月16日